2017/03/31

水星-天王星のアスペクトについて


笑いとは、張り詰められていた予期が突如として無に変わることから起こる情緒である―― イマニュエル・カント

学生の頃、学校の図書館でレーザーディスク(古いですね)を観るのが好きでした。オペラやバレエ、オーケストラのディスクが並ぶ棚の中に何故か落語のディスクがありました。

2017/03/26

ウラナイ・トナカイ様「新人ちゃん祭り」で鑑定します


★ご予約は締め切らせていただきました。本当にありがとうございました!
★当日は「アストロダイス+西洋占星術(10分)」のみ鑑定が可能です。詳しくは当日、ウラナイ・トナカイ様にてスケジュールボードをご確認下さい。
★Twitter始めました(@utako_kiriyoshi)。少しずつですが、占星術のことをつぶやいたり情報発信していったりしたいと思っています。よろしければご覧下さい。


このたび、南阿佐ヶ谷駅近くにあるウラナイ・トナカイ様の「新人ちゃん祭り」というイベントで鑑定させていただくご縁をいただきました!

2017/03/22

t月について


t月は28日ほどで12ハウスを一周する、最も速い天体です。あっという間に過ぎ去ってしまうので認識しづらいという方も多くいらっしゃるのではないかと思います。

そもそも月は自らの意志を持たないため普段の意識にはのぼってきません。
しかしその分周りのもの・外のものを吸収するので、意識していない分、ある条件下で突然強い影響を及ぼします。それは月が「繰り返す」天体だからです。

2017/03/19

Tスクエアについて ~2017年春分図


Tスクエアとは、天体Aを頂点とした三角形のアスペクトです。2つの90度と1つの180度で形成されています。
よく言われるような、単に不幸や不運を表すアスペクトではありません。しかし、Tスクエア頂点の天体Aを、残り2つの天体――BやCがそれぞれ否定するので強い葛藤が生まれます。

2017/03/14

火星回帰について


t火星は2年で12サインを一周します。逆行期間を加味しても、t太陽の約半分の速度となります。

火星期、つまり自分の火星をどのように使い、コントロールするべきか学ぶ時期は36歳~45歳の間です。
自分が一体何物で、何をすべきかと模索する太陽期(26歳~35歳)とは違い、火星期は自分のすべきこと、やりたいことを押し出して、人や社会に働きかける行動を起こす「対外的にどう振る舞うか模索する」時期なのです。

2017/03/09

金星-冥王星のアスペクトについて


金星-冥王星のアスペクトについて考えるとき、私はいつもメキシコの女性画家、フリーダ・カーロ(Frida Kahlo)を思い出します。
強い意志を感じさせる印象的な眉と、ネイティブメキシカンの民族衣装を纏ったその美しい姿をご覧になったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

2017/03/04

水星について ~作家のアスペクト


本を読むのが好きです。
月の年齢域――物心がついた頃、毎週水曜日、近くの公園に「移動図書館」がやって来るのを楽しみにしていました。1人7冊まで借りられるのです。
7冊を持って帰るのは毎回大変でしたが、外国の童話、偉人伝、ファンタジー、片っ端から乱読しました。