2017/05/19

YODについて②


前回の記事の続きです。
YODについて考えるとき、私はいつも太宰治の「トカトントン」という短編を思い出します。少しあらすじを書いてみます。

2017/05/13

YODについて


YOD(ヨド)とは、セクスタイルを形成する2天体からそれぞれ頂点に向けてインコンジャクト(150度)している二等辺三角形の複合アスペクトです。
「調整」「矯正」といったニュアンス――長じて「拘束」という意味さえ持ちます。
YODは非常に複雑かつ特徴のあるアスペクトですので、2回に分けて記事を書いていきたいと思います。

2017/04/14

月-冥王星のアスペクトについて


「月-冥王星」と言えば「関わりたくない、怖いアスペクトNo.1」という不名誉な解釈をされることが多いようです。これは半分正解で、半分不正解だと私は思っています。

太陽系の最外郭にあるとされる冥王星は2006年に惑星から準惑星へ降格しましたが、西洋占星術においては依然強烈な影響力を持ちます。
「死と再生」といった、人智を超えた極限的な意味合いを持つ冥王星が月とハードアスペクトを取るとき、繰り返し、吸収するしかない月は常に「自我を消し去られるような」感覚に呑み込まれることになるのです。
それは言い換えれば「コントロールを失いやすい自我」とも言えます。

2017/04/07

1ハウスについて


1室のはじまり、つまりアセンダント(以下Asc)は個人が生まれた瞬間に決まります。
生まれてきた赤ちゃんは、お母さんの身体から外に出た瞬間、東の地平線から流れてくる空気を大きく吸い込みます。それがこの世における「初めての体験」です。

1室の意味は、一般的に「自己像」「個性」「行動の癖」などと言われています。いずれも「自分自身」を基点とする考え方です。
その概念は、個人が母体から出てくることに関連しているように思います。安心して暮らしていた母体の中から頑張って出てくる、つまり誕生すること自体が「自己を主張すること」そのものという考え方です。
ですからAscという、生まれた瞬間に与えられる感受点は、「どのように自分自身をこの世の中に押し出していくか」という観点でも見ることができるのです。

2017/03/31

水星-天王星のアスペクトについて


笑いとは、張り詰められていた予期が突如として無に変わることから起こる情緒である―― イマニュエル・カント

学生の頃、学校の図書館でレーザーディスク(古いですね)を観るのが好きでした。オペラやバレエ、オーケストラのディスクが並ぶ棚の中に何故か落語のディスクがありました。

2017/03/26

ウラナイ・トナカイ様「新人ちゃん祭り」で鑑定します


★ご予約は締め切らせていただきました。本当にありがとうございました!
★当日は「アストロダイス+西洋占星術(10分)」のみ鑑定が可能です。詳しくは当日、ウラナイ・トナカイ様にてスケジュールボードをご確認下さい。
★Twitter始めました(@utako_kiriyoshi)。少しずつですが、占星術のことをつぶやいたり情報発信していったりしたいと思っています。よろしければご覧下さい。


このたび、南阿佐ヶ谷駅近くにあるウラナイ・トナカイ様の「新人ちゃん祭り」というイベントで鑑定させていただくご縁をいただきました!

2017/03/22

t月について


t月は28日ほどで12ハウスを一周する、最も速い天体です。あっという間に過ぎ去ってしまうので認識しづらいという方も多くいらっしゃるのではないかと思います。

そもそも月は自らの意志を持たないため普段の意識にはのぼってきません。
しかしその分周りのもの・外のものを吸収するので、意識していない分、ある条件下で突然強い影響を及ぼします。それは月が「繰り返す」天体だからです。

2017/03/19

Tスクエアについて ~2017年春分図


Tスクエアとは、天体Aを頂点とした三角形のアスペクトです。2つの90度と1つの180度で形成されています。
よく言われるような、単に不幸や不運を表すアスペクトではありません。しかし、Tスクエア頂点の天体Aを、残り2つの天体――BやCがそれぞれ否定するので強い葛藤が生まれます。

2017/03/14

火星回帰について


t火星は2年で12サインを一周します。逆行期間を加味しても、t太陽の約半分の速度となります。

火星期、つまり自分の火星をどのように使い、コントロールするべきか学ぶ時期は36歳~45歳の間です。
自分が一体何物で、何をすべきかと模索する太陽期(26歳~35歳)とは違い、火星期は自分のすべきこと、やりたいことを押し出して、人や社会に働きかける行動を起こす「対外的にどう振る舞うか模索する」時期なのです。

2017/03/09

金星-冥王星のアスペクトについて


金星-冥王星のアスペクトについて考えるとき、私はいつもメキシコの女性画家、フリーダ・カーロ(Frida Kahlo)を思い出します。
強い意志を感じさせる印象的な眉と、ネイティブメキシカンの民族衣装を纏ったその美しい姿をご覧になったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

2017/03/04

水星について ~作家のアスペクト


本を読むのが好きです。
月の年齢域――物心がついた頃、毎週水曜日、近くの公園に「移動図書館」がやって来るのを楽しみにしていました。1人7冊まで借りられるのです。
7冊を持って帰るのは毎回大変でしたが、外国の童話、偉人伝、ファンタジー、片っ端から乱読しました。

2017/02/28

ノード回帰について


西洋占星術を勉強し始めた頃、よく分からなかったもののひとつがノードでした。

ノードは実態のない感受点とは言え、シナストリーでは血縁者、パートナーなどノードに顕著な特徴が出ますし、
個人のアングルや天体にノードが重なったり回帰したりしたとき、環境が大きく変化したというお話しもよく伺います。

しかし純粋に出生図でのノードの意味合いという点で、うまく腑に落ちなかったのです。

2017/02/26

ノード軸について


ホロスコープは、地球から見た空を、ひとつの球体とみなす天動説の考え方から来ています。この球体を「天球」と言います。
天球内では太陽が1年かけて地球の周りを移動します。その軌道を「黄道」と言います。
黄道を太陽が1周すると、天球を二分する大円となります。この大円が「黄道面」です。

(勿論、太陽が移動しているように見えるのはあくまで地球からの見かけ上の話であって、実際は太陽の周りを地球が公転しながら移動しているのはご存知の通りです。つまり、黄道面=地球の公転面ということになります)

2017/02/22

クインタイルについて


クインタイル(72度)はマイナーアスペクトとされていますが、ノエル・ティル氏が提唱する心理占星術においては「創造的衝動」として重要視されているアスペクトです。

クインタイルは円を5分割する度数で、ハーモニクス5でコンジャンクションになります。
ハーモニック占星術を考案したジョン・アディー氏はハーモニクス5を重要視しているため、マイナーアスペクトと言えども、出生図を見る上では考慮することが必要です。
ハーモニクス5では、創造的な欲求や衝動、生命力、個性的なスタイルやそのエネルギーを見ることができます。

2017/02/19

土星-冥王星の世代アスペクト


夫の実家がある埼玉県の山奥に引っ越してきたのは、2014年初夏のことです。
SA木星がAscに到達し、牡羊座を進行中のt天王星がn金星付近で順行と逆行を繰り返しているときでした。

それから半年ほど、家の様々で自宅にいたのですが、それらがあらかた片付いた2014年初冬、この地で友達がひとりでもできればとアルバイトをすることにしたのです。


2017/02/16

金星について


先日はバレンタインデーでしたね。

デパートやお店でお洒落に包装されたチョコレートを手に行列を作っている女性を見掛けるたび、
それが本命チョコであれ、義理チョコであれ、好きという気持ちや感謝の気持ちを年に一度でも自分から伝えられるというのは素敵なことだなと思います。

2017/02/14

エレクショナル②


前回の記事の続きです。

エレクショナルをする際には、「希望するイメージ」を明確にしておくと良いと思います。
例えばお店を開くなら、どんな雰囲気のお店にしたいのか、どのようなお客さまに来てもらいたいのかなど、イメージによってハウス、サイン、アングルなどが選びやすくなるからです。

2017/02/13

エレクショナル


エレクショナルとは、トランジットの星の配置や今いる場所で、何かを始めるのに最適な日時を模索するためのものです。

2017/02/11

はじめまして!~西洋占星術との出会い


はじめまして!桐吉謳子(きりよし うたこ)と申します。
西洋占星術を勉強しています。どうぞよろしくお願いいたします。